CFラミネート工法研究会 home

CFラミネート工法 補強効果

CFラミネートを貼り付けて補強したRC梁の曲げ試験の載荷状況および各試験体の荷重Pと試験体中央部の変位δとの関係を図に示す。
各試験体の降伏荷重および補強した試験体のCFラミネートが剥離した荷重をプロットしている。
いずれの試験体も曲げひび割れの発生で剛性が低下しているが、低下の割合は無補強の試験体が非常に大きく、これと比較してCFラミネートで補強した試験体は小さい。無補強の試験体は、曲げ降伏した後変位が急激に大きくなり、曲げ圧縮破壊して最大荷重に達した。
一方、CFラミネートで補強した試験体は、曲げ降伏した後も剛性の低下がごく僅かで荷重が高くなり、CFラミネートが剥離して最大荷重に達し荷重が急激に低下した。その後は、無補強の試験体と近似した経過を示した。CFラミネートの剥離は、部材表面のコンクリートを剥ぎ取るような状況であった。無補強の試験体と比較すると、曲げひび割れ後の剛性が高く、降伏荷重も高くなり補強効果があることを示している。

補強効果試験
補強効果